孫への贈り物 その後のお話

以前ご紹介させていただいた、Bam社のバイオリンケースのお話です。
昨日孫が遊びにきてくれて、バイオリンケースの話になったのです。

とても気に入ってくれているようで、長く大事に使いたいから
カバーを買おうと思っている、と言っていました。

ケースの上からさらにカバーをかけられるみたいです。
私はそこまで見れてなかったので知らなかったのですが…。
ケースが黒なので、カバーは何色がいいかなあ、と楽しそうに話している孫がとても可愛かったです。

なんだか嬉しいですよね。
長く大事に使いたいと思ってくれる事が。

選ぶ時は色々頭を使ったり、調べたりと大変な事もあるのですが
やはり喜ぶ顔を見るとよかったなぁ、って思えます。

大切な人へ心のこもった贈り物、本当におすすめですよ!

友人に喜ばれた贈り物

家族の次に贈り物をする機会が多いのは、お友達ではないでしょうか?
お誕生日をはじめ、お祝い事などは不定期にありますしね。

最近は長年お付き合いをさせていただいている友人のお誕生日でした。
長年お付き合いしているものですから、これまでにたくさんの贈り物をお互いにしてきたので、
選ぶのは最近となっては本当に大変です。
なるべく過去に贈ったものとは違ったものを選びたいですよね。

ですがそこまで親交の深い相手ですから、会話の途中で発見できたりするものです。

抜け毛が気になる…と言っていたその友人には、
メイソンピアソンというブランドのヘアブラシを贈りました。
頭皮のマッサージ効果も得られるブラシで私自身もここ何年か愛用しているものです。

とっても喜んでいただけました。
自分が使って良さを実感しているものだと贈りやすいですよね。

髪の毛の艶も使ってすぐ実感できるので、髪の毛にお悩みの方は是非おすすめです。
意外な贈り物としても大変喜ばれますよ!

孫に喜ばれた贈りもの

家族への贈り物も、欲しいものを買ってあげるスタイルではありません。
最近で言うと、孫が大学に進学するのですが、音楽のお勉強と言う事で
進学祝いに贈ったものは、バイオリンケースです。

本人の欲しいものは、某ブランドのお財布だったようですが、私は進学祝いと言う事で、
これから学ぶ事に通ずるものを贈りたいと考えたのです。

詳細はこちらです。
BAM(バム) バイオリンケース 2002XLシリーズ

私自身、バイオリンなど無関係の世界にいますので、全くわかりませんでした。
でも色々電話で問い合わせなどもさせていただき、
若い人も喜ぶお洒落さ(色、素材が豊富・スマートなフォルム)を考え、こちらにしました。

もちろん見てくれだけではなくデザイン・安全性・機能性の全てにおいて最高峰、との事です。
人気のフランスBam社のバイオリンケース。

とっても喜んでくれました。
意外性もあったようですが、毎日使うものみたいなので実用性のある贈り物でした。

色が豊富で迷ったのですが、ベーシックだしどんなお洋服を着てても浮かない黒を選びました。
孫がこれを毎日持ち歩いて音楽のお勉強をしに通学する事を考えると、
なんだかそれだけで嬉しくなってしまうのです。

バイオリンケースの通販はこちらで親切丁寧に対応して頂けました。

プレゼントをもらった時のワクワク

最近だと、欲しいものを相手に直接聞いて、そのものを買う。
又は一緒にお買いものへ行き、相手に選んでもらい、買ってあげる。
と言うスタイルが主流なのでしょうか。
私のお世話になっている職場で若い人とお話すると、そういったプレゼントが多い印象に思います。

もちろん相手が欲しいものを贈る…と言う事が一番なのかもしれませんが、
私は相手を想って選ぶ時間が大切ですし、
自分では買わない・買えないけど気になっていたものや今まで興味がなかったけど実際使ってみたらものすごく自分に合っていた、など新しい発見ができるのも贈り物の楽しみかと思っているのです。

綺麗に包装されたラッピングを
「何が入ってるんだろう?」と言うワクワクする気持ち。

これを大事にしたいのです。
その気持ちも、贈り物の一部なのではないかと思っています。

もちろん、それが相手を想ってないと自己満足で終わるので、きちんと相手が喜ぶ・喜びそうなものを贈るのは勿論ですが。

子供が大きい包み紙をビリビリに破く姿が大好きです。
大人でも、そういった表情を見せてくれます。贈った私自身も本当に嬉しいのです。

逆にいただく立場になっても、私の事を考えて選んでくれたと感じるものは
自分が欲しいものよりも嬉しい気がします。

贈り物の基本マナー

世の中には義理や習慣での贈り物も存在しますが、できるなら贈り物は心のこもったものがいいですよね。
コミュニケーションを深めたり円滑にするためにも重要なポイントだと思います。

義理で選ばれたものと言うのは、相手にも伝わってしまうものです。
せっかくお金と時間を使うのですから、どうせなら心にぐっとくるものを。

贈り物をするときに大事なのは、「おめでとう」「ありがとう」「お元気ですか」など、相手に対しての気持ちだと思っています。
自己満足で終わらないようにしたいものです。
どんなにいいワインでも、お酒を飲まない人に贈るのは、相手に迷惑をかけることにもなりかねませんよね。

先方の好みや、家族構成、生活、年齢などを考慮して、選びましょう。

家族に対しては別物だと思いますが、相手に負担を感じさせない程度の金額のものを贈ることも大事ですね。

贈り物をするという事

はじめまして。
私は孫が大学生になる高齢ですが、贈り物をする事が大好きです。

家族、友人をはじめ大切な方が喜ぶものを選ぶ時間が何より至福の時間です。
相手を想って選んだものですから、ありがたい事に喜んでいただけています。

友人から贈り物のセンスを褒めていただく事が多く、
心のこもった贈り物のすすめを伝えたいと思い、こういったブログに挑戦しようと思った次第です。

形だけでなく、相手を想ったものを選ぶ。
自分にとっても実になる時間で

是非、参考にしていただける所があればと思います。

Powered by Wordpress. Redesign Theme by Robert Toth